×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

郵便局でお金を借りる

郵便局でお金を借りる

郵便局でお金を借りる 関連記事
審査なしでお金を借りる





担保定期貯金自動貸付にチェックすると

審査なしでお金を借りる
いつもお世話になっている金融機関が郵便局という方も多いです。
日曜日でもATMの手数料が無料、ネット銀行等の利用ができます。
全国同じ店舗というのも郵便局の大きな魅力です。

郵便局でのキャッシング
お勧めは定期貯金からのキャッシングです。
定期貯金を担保定期貯金にすることで、貯金担保自動貸付にセットします。
そうすると、普通貯金に残高がなくても自動的に定期貯金からの貸付が行われます。
通帳にはマイナスが付きます。
定期貯金の90%までの貸付が可能の自動貸付です。
注目なのは金利の低さで、0.26〜0.51%のみの金利です。

郵便局も立派な銀行
郵便局も民営化に伴い、現在ではゆうちょ銀行です。
金融サービス等も銀行並で日の丸親方的な高飛車なものではありません。
この担保定期貯金も、他銀行でも行っているものですが、郵便局の金利が一番安いのも注目です。
休日の手数料無しでの利用ができることを考えれば、キャッシングのための定期貯金として、郵便局に多く積んでおくのはおすすめです。
返済方法は、入金だけでOK。
返済期限も返済日は、決まっていなくて、利息が増えて、定期貯金の内容がやばくなると、2年以内に返済がなく、1ヶ月前くらいにはがきが来て警告をしてくれます。

郵便局がやっぱり便利
カードだけではなく、総合口座の通帳だけで利用ができる郵便局。
これも使い勝手が良い担保貸付です。
満期までに借りた分を返済することで、満額の定期貯金を受け取ることができますし、キャッシングではなく自分の定期貯金ですから、もし定期が解約になったとしても利息がなくなるだけというものです。

利息と言えば
以前は郵便局の利息はとても高かったです。
何千万円もあれば、利息だけで1年間暮らしていける時代でした。
でも、その時の担保定期貯金自動貸付になると、高い利息分が引かれることになります。
要するに、自分のかけた利息分が返済に関係するのです。
通常貯も定期貯金も今ははとんでもない低い利息ですが、それが貸付になると功を奏すということになっています。
お金がある方にとっては良いことなのか悪いことなのかはわからないのですが、少なくとも借りるときにしてみれば、少しでも利息は低いほうが良いです。

カードローン等の利息と比較をすると20分の一程度の郵便局の返済利息。
郵便局に定期があり、崩したくないからキャッシングをしたり、カードローンを作ろうという方は、この方法がお勧めです。
借りる相手は郵便局ですが、元手は自分のお金ですから、利息が低いのは当然ですけれど。



▲TOPにもどる



キャッシングではない、原資は自分の定期貯金

審査なしでお金を借りる
郵便局でお金を借りたいときには、キャッシングの方法ではなく、あくまでも自分が積み立てた貯金から借りる形です。
郵便局は現在銀行ですが、キャッシングのための銀行カードローンのようなものはありません。

原資は自分の貯金額
ということは、郵便局という金融業者からの借り入れではないのです。
自分が郵便局に貯金をして、そこからの貸付をしてもらうことで、借金を作ることになります。
フリーローンではなく、貯金を担保にする貯金担保自動貸付です。
ちなみに各銀行では預金担保貸付として同様の商品があります。

審査がないのは当たり前
ローンではないため、貸付期間等の設定もありません。
自分のお金ですから、審査もなく、自由に出し入れができます。
方法は簡単で、普通にカードや通帳で引き出すだけ。
返済は、余裕のある時に貯金するだけです。
その時、貸付利息がかかり、キャッシングをしたのだと認識する程度です。
定期貯金を原資とする郵便局のキャッシングは、低金利で使いやすい借り入れです。

どんな定期貯金でも良い?
担保定期貯金にすることが必要です。
普通に定期貯金だけではなく、財形定期預金などでもOKです。
財形定期預金、財産形成貯金担保貸付等もありますが、財産形成貯金(財形貯金)などは、勤め先で採用しているかが問題で誰でも利用できるものではありません。

財形貯金は550万円まで非課税です。
毎年4月に必ず課税金が引かれるのですが、財形貯金は550万円まで無しという特典があります。
国債等担保自動貸付等、郵便局の貯金で自動貸付にすることで、簡単にATMで引き出すことができるキャッシングです。
総合口座で普通預金で不足した分を定期貯金から引き出す形であり、最初に自動貸付にチェックを入れるだけでOK。
利用価値が高い、利息は最高でも1%未満という低金利でのキャッシングが可能です。
自分のお金なんですけれどね。

まずは定期貯金を
郵便局でお金を借りるためには、定期貯金を作る事から始めましょう。
定額貯金としてためても良いですし、まとまったお金を総合口座通帳に積むだけでOKです。
10年間はそのまま積んでおけるので、その間は何度でも自動貸付を行うことができます。
入金したら返済というのも楽なことです。

もちろん借りてから返済期間がすぐであれば、利息額も断然低いです。
1円からの入金も今ならATMで簡単操作でできます。
利息をケチりたい方でも、自由にできます。
窓口を通らない、ATMでできるのは嬉しいことです。
コンビニATMでの自動貸付もできます。



▲TOPにもどる



担保貸付と言っても貸付利子が低い

審査なしでお金を借りる
担保貸付というと、何故か緊張してしまうものです。
郵便局で、定期貯金を担保にして自動貸付ができるのですが、担保?貸付?
返済できなくなったらどうしようと思う方も多いでしょう。

郵便局の担保定期貯金とは?
総合口座通帳を作るときに自動貸付にチェックをいれます。
そうすると、普通預金の残高がない場合でも、定期貯金があれば自動的に借り入れができる仕組みです。
定期貯金の90%までの借り入れができますが、気になるのが利息です。
カードローンなどでは、銀行で14%程度、消費者金融系では17%が主流ですが、郵便局の自動貸付では、0.25〜0.5%です。
この数字をみて安心される方も多いですが、担保と言っても考えようです。
大した金利ではないのです。

金利が低いが気をつけなくてはならないこと
融資ではなく、自分の定期貯金が原資です。
返済しないままでいると、利息が少しずつ原資から引かれることになります。
返さなかったら、定期貯金は自動解約になるのです。
つい使いすぎてしまうことは注意が必要です。
ただ、返済と言ってもフリーローン等のように請求がくるのではなく、解約近くになったら、やばいですよ、という解約通知がきます。
放っておけば、自然消滅するだけです。
そして、返済しないからブラックになるということはないです。

融資ではなくキャッシングでもない
時期をずらして解約行為です。
本来定期貯金は、普通貯金より金利の良い商品です。
郵便局で10年間は寝かしておけば満期になる商品ですが、その間そこから少し借りても良いでしょうというのが自動貸付です。
解約ではないので、定期貯金のまま貸出ができるだけです。
審査も必要なく、元はといえば、自分のお金で貸付利子と言っても低金利です。
できれば、借りたらすぐに元に戻すを繰り返すことで、満期のときには、満額の利息付きで受け取ることができます。
貸付限度額は、定期貯金の90%です。

担保自動貸付は消費者金融や銀行カードローンのようなものとは異質です。
似ているものと言えば、生命保険の契約者貸付制度です。
これは、生命保険本体ではなく、利息としてためている部分の引出しができます。
貸付利子は、現在は利率が良くないので大した数字ではないのですが、郵便局の自動詞貸付と似ています。
ただ返済を迫る請求は多いですが、生命保険の機能を満たすことを諦めた時点で返済義務はありません。
返済しなければ、自動解約で、郵便局の担保定期貯金と同じ運命になります。



▲TOPにもどる



担保定期貯金の利用方法

審査なしでお金を借りる
郵便局で定期貯金等の自動貸付で、自分のお金だけど、キャッシングができます。
それぞれの定期貯金で行うことができますが、貸付限度額は違います。
定額貯金や定期貯金は90%、国債等担保自動貸付で80%、利付国債では60%です。
ですから、急に自動貸付ができなくなったときには、それぞれの残高を確認して下さい。

そして、金額の限度は最大300万円となっています。
合わせて、この金額の確認も必要です。
貸付期間は郵便局は2年間です。
その間似返済がないと、定期貯金は自動解約になってしまいます。
それで良いのなら放っておいても良いです。

キャッシングがないから
すべての自動貸付では強制力がありません。
財形貯金にしても、返済をしないのなら、貯金が解約されるだけの話で、借りたお金の元は自分の定期貯金です。
貸付方法が簡単で、返済も入金だけ。
手続なども請求書もないのですが、返済しなければなくなっちゃうというものです。

キャッシングやカードローンは、他人からの融資です。
金融機関としては、貸したものは返せと言うのは当たり前ですが、担保定期貯金はあなたのお金ですから、ご自由にということになります。
ですから、借りている感覚もなく、気がついたら自動解約になってしまって、自動貸付もできないという事態になることもあります。
借り過ぎと言っても借金を作る行為ではないのですが、貯金が見事になくなってしまう事態になります。

貸付利子はやすいけれど
そのままにしておくのはそんな話です。
もし返済の目処がないのなら、自動解約ではなく、解約をしてしまったほうが良いです。
待っていて、返済ができるのであれば、0.5%程度の利息でも仕方のないことですが、もし金額が大きい、返済は無理という時点で解約をしましょう。

そして、新たに定期貯金にすることもできます。
あくまでも自分のお金ですから、使い勝手は自由です。
借りているのではないのですが、何かをしないと失ってしまう危険性は高いです。
借金が払えず、債務整理をしたりということではないのですが、定期貯金がなくなることで弊害があるのなら、郵便局でお金を借りることも緊張感を持ち、返済見込みがない場合は借りないほうが良いでしょう、

各銀行などでも担保定期貯金の形があります。
しかし、貸付利子は郵便局よりは高いですが、それでも2%程度であり、キャッシングやカードローンよりお得です。
その前に、貯金や預金がなければ話にならないのですが。



▲TOPにもどる



郵便局で作れるカードローン

審査なしでお金を借りる
郵便局にもカードローンがあるのをご存知でしょうか?
郵便局が窓口になっている、スルガ銀行のカードローン「したく」とフリーローン「夢航路」とクレジットカード「JP BANK」です。

カードローン「したく」
事業資金以外のフリーローンです。
窓口が郵便局というだけで、審査などはスルガ銀行が行います。
ですから、正確には銀行カードローンになります。
ただ、全国対応の「したく」は、すべての窓口が郵便局になります。
スルガ銀行の店頭に行くこともないでしょうから、郵便局のカードローンと言っても良いでしょう。
貸付金のなどは平均的な銀行カードローンです。

フリーローン「夢航路」
オートプランで目的型のキャッシングができます。
6%の金利で、スルガ銀行の商品ですが、ゆうしょ支店ということで申し込みができます、
消費者金融などで借りるよりも低金利で、自動車購入、教育資金、自己投資や結納金などの目的のために資金が欲しい方にお勧めです。
フリーローンの形にすると金利は上がり、銀行カードローンと同じです。
審査はスルガ銀行内容は準ずるものですから、窓口が郵便局というだけです。

JP BANK
キャッシング機能を付帯できるクレジットカードです。
18歳以上の高校生ではなければ、キャッシングができる画期的なカードです。
親権者の同意が必要ですが、高校卒業して、自分の通帳を持たすとき、JP BANKでクレジットカードも作らなくても良い状態になります。
消費者金融や信販会社ではなく郵便局というのも安心です。
金利も銀行カードローン並です。

本来郵便局はこうした商品はありませんでした。
民営化に伴う変化ですが、お金を借りるとしたら、担保定期貯金などの自動貸付がベストです。
1%に満たない貸付利子、返済期間も返済日も自由。
引出しで借り入れの貸付方法、入金で返済方法も理想的です。
財政定期、国債等担保自動貸付等もできますが、郵便局に貯金がないことには話にならないのですが。

ですから、上記のようカードローンやフリーローンの利用もありということです。
審査はスルガ銀行の保証会社になりますが、スルガ銀行は銀行カードローン審査でも甘い部類に入ります。
郵便局で利用ができますから、金融機関を探さなくても良い点でのメリットは大きいです。
未成年者も使えるクレジットカードのキャッシング枠というのも珍しい存在でしょう。
郵便局も今や銀行です。
貯金がなく、貸付サービスを使えない方は、カードローンなどを検討してみて下さい。

▲TOPにもどる